お庭ひとすじ36年 東万三重県のエクステリア&ガーデン専門店 株式会社東万[トウマン]


ロンドンガーデン便り
vol.4 コッツウォルズへの旅
 今回は休日を利用して行った、コッツウォルズへの旅、ガーデニング界の貴婦人のバーンズリーハウスでのお話をします。
 修行中の秋、僕はロンドンでの庭仕事の休日を利用して、イギリスの田舎町コッツウォルズに旅しました。ロンドンから車で2時間走ると、ブラウントーンの街並み、茅葺き屋根の古い家、コッツウォルズストーンの塀が僕を迎えてくれました。そんなコッツウォルズには、英国ガーデニング界の貴婦人として知られるローズマリーヴァレイ(85)が住むバーンズリーハウスがあります。
彼女が長い年月をかけて作り上げた庭には、世界各国から見物客が集まる程の人気です。それもそのはず、彼女の庭には“Lovery!”がいっぱいです。美しく刈られたメイズ、かわいいトピアリー、驚くほどの勢いで咲き乱れる花々、そこに散らばる紅葉の絨毯…。至る所に小道があり、そこを抜けると次々と新しい世界が広がるのです。
著者-- 鈴木錬美(すずきれんみ)経歴

LONDON'S GARDEN REPORT

コッツウォルズのバーンズリーハウスにて
 そして帰ろうとしたその時、室内にローズマリー婦人が見えました。日の当たる部屋で読書する彼女は、まるで一枚の絵のように美しく、僕は声もかけずそっと出ました。古き良き部分と初々しい部分とが合わさるコッツウォルズに、また旅したいと思っています。
1 - 2 -   3 - - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10